地圏環境システム工学研究室では、いろんなことをやっています。

地圏環境システム工学研究室
Civil Engineering for Geospatial Environment

INTRODUCTION / 研究室の紹介

本研究室の取り組み

 「地圏」とは、ひとの生活の場である地表(地面)から地下までの空間のことです。

 我々はこの地表の上に生活し、これまで様々な地圏を開発・利用してきました。そういった中で、多くの「環境問題」を引き起こしてきています。環境問題とは環境の変化が人に影響を与えた時にはじめて発生します。一般的に考えられる環境問題は、比較的時間をかけて進行するものであり、短時間で発生する環境問題は「災害」として認識されています。この地圏の環境、いわゆる「地圏環境」を取り扱うためには、地圏を構成する土や岩などの特徴・性質などを工学的に評価する技術、地表で行われる開発によって我々の生活にどのような影響を及ぼしているか、評価する技術などが必要となります。

 本研究室では、望ましい地圏環境創出のための新しい体系の確立を目指しており、地圏の開発・利用のあり方、さらには、これらが自然環境、社会環境に及ぼす影響を総合的に評価して、環境と調和した開発、建設技術のあり方について研究を行っています。たとえば、地盤・岩盤工学の技術、さらには、最新の情報技術である地理情報システム(GIS)を積極的に活用した研究を行っています。そのため、研究の対象となる領域は幅広く,地盤工学、地質学、水工学、河川工学、計画学、農学、生態学、経済学、情報学などの知識・技術も取り込んだ研究を官民と協力しながら取り組んでいます。

三谷 泰浩 先生 からのメッセージはこちら

RESEARCH / 研究紹介